ヤギの強さは見たまんま

こんにちは、ちゃんびーです。

今日は東武動物公園に行ってまいりました。

人間、動物双方にとって今くらいの気候はいいと思います。

暑すぎず寒すぎず、まだ梅雨にもはいっていません。

 

普段、私が触れ合っている動物は、一緒に暮らしているセキセイインコのラウスちゃんのみなので、大型の鳥類の迫力に感動しました。

ヒクイドリクジャク、フラミンゴはラウスちゃんと比べて非常にサイズが大きいけれど、ふとした仕草が似ていて大変興味深かったです。

ちなみに、今は発情期のためオスのクジャクが頻繁に大きな羽を広げていて美しいですよ。

 

動物園という特性上、どうしても金網があってiPhoneからでは上手に撮れませんでした。

f:id:chumby-games:20180427231301j:plain

f:id:chumby-games:20180427231357j:plain

メスはそっぽを向いていました。

 

鳥類、猿、ゾウ、ライオン、蛇、レッサーパンダ、アルパカ、いろいろみました。

沢山の動物の中で一番気になったのがヤギでした。

 

この動物園は触れることが出来る動物が沢山いて、ヤギはその中のひとつです。

私は動物が好きゆえに、ただ一方的に触るのは気がひけるためいつも自力では掻けないところを掻いてあげるようにしています。

 

ヤギは足が蹄になっているタイプの動物なので猫などと比べて上手に頭を掻けなさそうに見えました。なので、だいたいの動物がかゆがっている眉間から耳の後ろのあたりを掻いてあげることにしました。

 

私は小心者なので、立派な角が生えているオスのヤギに手を出すのは怖かったのでおとなしそうな小さな女の子のヤギを掻いてあげることにしました。

 

ヤギの女の子にそっと手を近づけて、警戒がとけたらゆっくり掻いてあげると大層喜んでくれました。 

しかし、その女の子ヤギよりも少し大きいヤギがあっというまに割り込んできて、女の子ヤギを追い払ってしまいました。

私の手の下には既に中くらいのサイズのヤギの眉間がある状態です。仕方なく掻いてあげました。

すると今度は更に大きな角の生えたオスのヤギが中くらいのヤギを追い払ってしまいました。

私の手の下には既に大きな角の生えたオスのヤギの眉間がある状態です。仕方なく掻いてあげました。

最後にはそのヤギ園の中で最も立派な角を持つ一番体の大きいオスのヤギがやってきました。もちろん、先にいたヤギを追い払い私の手の下に無理やり潜り込んできました。

追い払われたヤギたちと私はほぼ無抵抗でボスヤギに従います。

 

ヤギは強そうに見えるやつが強い。