ノンカフェイン飲料について ジンジャーレモン編 (後日追記します)

こんにちは、ノンカフェイン中毒のちゃんびーです。

私は温かい飲み物が大好きですが、数年前からカフェインを断ったため必然的にハーブティーデカフェ系の紅茶、コーヒーを嗜むようになりました。

一日に3~5杯飲んでいます。

結構な種類を口にしていて詳しくなったため紹介していきます。

趣味のブログなのでアフィリエイトはやらないです。

 

今日は「ジンジャーレモン」のハーブティーを紹介します。

 

ジンジャーは生姜です。

一般的に知られている効能は

・冷え改善

・免疫力を高める

らしいです。私は冷え性ですが全く改善されていないため効能についてはわかりません。

 

レモンとは皆様がご存知の果物のレモン以外にも、レモングラスという植物をさしています。なぜレモングラスという名前かというと、果物のレモンと同じ香り成分を含んでいるからです。

一般的に知られている効能は

・消化をよくする

・殺菌、抗菌作用

らしいです。こちらも私は体感できるほどの効果は得られていないためなんともいえないです。

 

ここから、メーカーごとの感想を書いていきます。

 

ハーブティーの王道 ポンパドール ジンジャー&レモン

 

一般的なスーパーのハーブティーコーナーでみかけるのはたいていポンパドールです。最近少しトワイニングをみかけます。 

 

f:id:chumby-games:20180424153917j:plain

 

f:id:chumby-games:20180425112919j:plain

 

ジンジャーレモンはほとんどのメーカーが黄色を基調にしたパッケージになっていますね。

 

http://amzn.asia/2h1mFIe

価格はamazonを基準にすると20袋560円。

1袋あたり28円。

 

 味はひたすらスパイシー。

パッケージをみてわかるように脅威のジンジャー51%配合です。

f:id:chumby-games:20180424154850j:plain

 

f:id:chumby-games:20180424154905j:plain

 

内容量が一袋につき1.75g、ジンジャーが51%配合ということで

1.75*0.51=0.8925

0.8925gのジンジャーが含まれていることになります。

数値であらわしてもいまいちピンときませんね。

なので今後はポンパドールが約0.9gの生姜の基準になればいいと思います。

 

他に特筆すべきは、スパイシーな割に味は濃くなくてあとからうっすらと甘みを感じる点です。スパイシー度が強く他の要素が弱く感じるため好みは分かれると思います。

レモングラスを感じたい方には少し物足りないかもしれません。

ジンジャー要素が強いので、風邪をひいたり、体を温めたいときによいかもしれません。

飲んだ後も5分程度は舌がピリピリしていてジンジャーっぽさが残ります。 

 

 

老舗の紅茶メーカー トワイニング レモン&ジンジャー

 

f:id:chumby-games:20180425110644j:plain

 

トワイニングといえば「紅茶」ですが、近年はカフェインを好まない人が増加したためかハーブティーに力を入れ始めています。(特にフルーツ&フレーバーのシリーズが人気)

 

f:id:chumby-games:20180425113057j:plain

 

こちらも黄色を基調にしています。

 

http://amzn.asia/gQ8GGwZ

価格はamazonを基準にすると10袋286円。

1袋あたり28.6円。

 

味は淡泊。よくいえば飲みやすい。悪くいえば、味が薄い。

スパイシーさはほどよいと思います。飲む瞬間だけ舌にピリっとした刺激があるけれど飲んだ後には残りません。

 

f:id:chumby-games:20180425112242j:plain

 

内容量が15gなので1袋あたり1.5gになります。

ポンパドールより0.25g少ないです。

味の薄さは内容量0.25gの差かもしれませんね。

 

 

 

後日追記します